年齢肌化粧品?医薬部外品?シワに改善・効果があるのは?

   

医薬部外品 シワ 効果 シズカニューヨーク


こんばんは。”みぃな”です^^

ブログ訪問ありがとうございます。

 

寒い季節がやってきました。

乾燥が私の肌を直撃する~><

 

年齢を重ねた肌に、冬の乾燥はこたえます・・・・

肌の乾燥は、シワを引き寄せるので、保湿対策はしっかりしましょうね^^

 

さて、気になるシワですが、シワ取りクリームであったりエイジングケア化粧品

数々ありますが、たくさんあり過ぎて迷うことありませんか?

 

今回は、数ある中のエイジングケア化粧品の中で、シワ対策として選ぶなら

どれを選べばいいんでしょう?

 

それについてお話したいと思います。

最後までお付き合い下ささいね^^

 

効果を期待するなら医薬部外品

年齢肌化粧品 医薬部外品 シワ たるみ エイジングケア

シワを改善したい時には、ただ単に潤いを与えるような成分が

含まれている化粧品を使うというだけでなく、

医薬部外品を使用した方が効果は高くなります

 

 

よく薬用の化粧品も見かけることがありますが、これは医薬部外品の中のカテゴリーの一つで、

大きく分けた場合には医薬部外品に該当するんです。

 

 

詳しく見ていくと、何らかの症状に対して薬理効果があると厚生労働省が認めている成分のことを指し、

基本的に治癒を目指すものではなくて予防的な目的で利用されます。

 

 

広告に用いられる表現の幅にも差が出るものであり、例を挙げると、美白目的で利用する場合、

ホワイトニングや美白という直接的な表現を使えるのがこのタイプなんですね^^

 

 

シワ対策において、有効成分が一定量以上配合されている医薬部外品は

高い効果が期待できます♪

 

 

一般的な化粧品は美容全般を目的としていて、

肌では問題のある部分を隠して綺麗に見せるという方が近いかも知れませんね。

 

 

それに対し、医薬部外品は治癒を目的としたものではないにしろ、

症状に働きかけて改善を促すものなので、シワやシミ、ニキビ跡等の悩みを改善しやすくなります。

 

 年齢肌化粧品とは?

 

美白 保湿 シズカニューヨーク

年齢肌化粧品(エイジングケア化粧品)とは、

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味で使われます。

エイジングには、しわ、しみ、たるみ、毛穴のゆるみ、乾燥などいろいろな項目があるので、

広い意味で「年齢を重ねた肌をケアする」ことを目的としていれば、エイジング化粧品と言われてるのです。

 

では、何歳くらいから始めるべき?

 

アナタは、もしかして「まだ30代だから、必要ない」って思っていませんか?

エイジングケアは、早くければ早いほどのちに差が出てきます。

 

 

最近のコスメは、30歳向けからエイジングケアシリーズになっているものが多くなっています。

でも、それでは遅い!との声も・・・

 
スポンサーリンク

 

昔から「25歳過ぎたらお肌の曲がり角」なんて言葉もありますね。

若い頃から、お手入れをあまりしてくなくて、肌のトラブルが絶えない。

日焼けを気にせず、夏は真っ黒に焼いてた。

 

なんて方は、早めのエイジングケアで、肌の老化を遅らせることができます^^

 

年齢肌化粧品のはじめ時は?

シズカニューヨーク シミ シワ 50代 スキンケア

 

肌の老化って、ある日、鏡を見てふと気が付くものですね。

たとえば

 

・毛穴のたるみ

・ほうれい線

・目元のシワ

・目の下のたるみ

・おでこのシワ

・メイクのノリが悪い

・肌のくすみ

 

あ~もうあげればキリがない><

これらのサインは、意外と若いうちから現れるんですよね。

 

鏡を見て「あれ?」なんて思ったら、化粧品を変える時期かもしれませんよ^^;

 

 年齢肌化粧品と医薬部外品の違いとは?

 

私たちが、選ぶ化粧品には医薬部外品と書いてあるものを見かけます。

その違いって何でしょう?

 

化粧品には、「化粧品」「医薬品」「医薬部外品」と分かれています。

 

「医薬品」は、そのままズバリ薬です。

なのでお医者さんからの処方箋なしで買う事はできないんですね。

 

 

では、「医薬部外品」は?

こちらは効果・効能がキチンと確認されているのを証明されています。

ですが、薬ほどの作用はありません。

 

 

「化粧品」は、2001年に厚生省の許可が必要なくなり、メーカーの判断となりました。

シャンプーもメイク用品も「化粧品」の部類に入っています。

 

ちょっと待って!薬用もあるんじゃない?

そうなんです!

医薬部外品・薬用って分かりにくいですよね><

 

 

「薬用」は、有効成分が含まれているものを薬用〇〇と言います。

もちろん、医薬品や医薬部外品にも含まれているものもあります。

保湿成分でいうとヒアルロン酸などは有名ですね。

 

まとめ

 

化粧品を実際に選ぶ際には、あとは含まれている成分が大事になります。

成分によって働き方が違うし、症状に合うものと合わないもの、

肌質に適したもの適さないものがあります。

 

 

できるだけ負担を少なくしながら改善できるように、

症状や肌にぴったりのものを選ぶことが重要になってきます。

 

 

そこで、私が紹介したいのが、

医薬部外品の美白化粧水と保湿美容乳液のオールイン2「シズカニューヨーク」。

 

シミ シワ 年齢肌 くすみ シズカニューヨーク

 

40代・50代を対象に、ニューヨークの有名サロン発の年齢肌化粧品です。

今なら、この2点セットが現品半額で試すことができます!

 

私も使っているシズカニューヨークの記事はコチラで紹介しています。

シズカニューヨーク化粧品の口コミ| 本当に肌にハリは出るのか?

 
スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

 


 - 目元・エイジングケア , , , , , ,