肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ|いつまでも素顔でいられるために早めのケアを

      2017/01/20

どろあわわ 洗顔 効果


スポンサーリンク

こんばんは。”みぃな”です^^

blog訪問ありがとうございます。

 

アナタは今のお肌に満足していますか?

目元・口元のシワやたるみが気になりませんか?

 

若い時に比べ、何となく輪郭がぼやける、疲れて見える、肌の乾燥が気になる・・

それは、もう老化の始まりのサイン。

 

老化に打ち勝つには、肌にだけお手入れしてもダメなんです。

体の中からも、みずみずしい肌作りをしましょう。

 

ちょっとした食生活と美容法で、老化を遅らせることだって可能なんですよ。

今回は、メイクで隠すのではなく、若々しい素肌を取り戻すための

「自力美容」を紹介していきたいと思います。

 

自力美容とは?

自力でできる、スキンケアや運動・食生活などの美容法です。

「からだも喜ぶ若返り」をアナタも始めてみませんか?

 

肌の若返りとは

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

数多くある化粧品に、「肌の若返りとか・・マイナス〇歳肌」という言葉はあふれるほど使われています。

化粧品だけでなく、健康食品などのアピールでもよく見かけます。

とてもよく耳にする言葉ですが、改めてどんな意味があるんでしょう?

 

肌の若返るとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、

言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。

特に中年期以降に認知症、骨粗鬆症、皮膚老化、更年期障害、老眼、難聴、

歯消失などの老年病のリスクが高まります。

つまり老化に対してアンチ(対抗する)ってことですね。

肌に対してのスキンケアだけでなく、体全体への若返りが必要になってきます。

 

老化を止める、少しでも遅らせることが出来たら・・・

そして日常の生活にも、食や睡眠などにも気をつけることが重要になっています。

日々のコンディションを自力美容で整えつつ、同世代と差をつけちゃいましょう^^

 

肌年齢を若返らせる5つのコツ

アナタが50代であって、それを20代まで若返らせるのは難しいことですが

適切なケアによって、年齢を感じさせない肌にまで戻すことは可能です。

 

毎日のスキンケアを生活習慣を整え、若返ってみませんか?

 

1、体の中からも若返りができる野菜と果物・海藻類

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

私たちの体は、食べたものでできています。

激しい好き嫌い、油っこいものばかり摂っていると当然お肌にも影響がでます。

美肌に必要な栄養素を、効率良くに摂っていきましょう。

 

効果的な食べ物としてまずは野菜

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

野菜は、ビタミンや食物繊維が豊富で、便秘解消にもつながり

体の老化を防止するだけでなく、基礎代謝を高める働きがあります。

 

では、どんな野菜が良いんでしょう?

 

🌻トマト     ・・リコピンが豊富で、なんとビタミンの100倍の美肌効果がある

🌻ニンジン    ・・老化の原因となる活性酸素を予防してくれる

🌻ブロッコリースプラウト・・・ブロッコリーの20倍以上の抗酸化作用で、肌と肝臓に効果アップが期待

🌻ゴボウ    ・・・食物繊維が豊富なので、デトックス効果に期待できる

🌻春菊     ・・・春菊は鉄分が多く、貧血対策になるので血行の良い肌に

🌻キャベツ   ・・・抗酸化作用で胃腸を強くし、がん予防、美肌効果が期待できる

🌻ニンニク   ・・・活性酵素・悪玉コレステロールを防いでくれる

 

これらの野菜を、日常に積極的に摂りいれていきましょう。

ビタミン豊富な果物

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

果物の良い所は、豊富なビタミン。

つまり抗酸化作用が強いんです^^

 

🌻キウイフルーツ・・・美肌の大様と言われるくらいビタミンCが豊富。特に黄色のキウイは栄養価が高い

🌻ブルーベリー・・・・抗酸化作用も高い

🌻りんご・・・・・・・ビタミン豊富で美肌に良い。また体臭改善にもなる

🌻アボガド・・・・・・整腸効果で、肌を綺麗にするのと血液サラサラ効果で、全身の老化予防に繋がる

🌻ラズベリー・・・・・発がん物質を無害化するので、肌細胞が蘇える

 

ビタミンは熱の弱いので、なるべく生のままがおススメ。

スムージーで摂るのが簡単で沢山摂る事ができます。

 

通販1位!モデル市川紗椰さんもハマった「ミネラル酵素グリーンスムージー」期間限定キャンペーン開催中!

ミネラル豊富な海藻

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

栄養価の高い食材で、ミネラル・カルシウム・リン・マグネシウム・カリウム・鉄・セレン・亜鉛まで

効率よく摂れます。

 

🌻メカブ  ・・・アルギン酸とフコイダンという成分が含まれていて、食物繊維が豊富

🌻もずく  ・・・フコイダンという成分で、がん予防になる

🌻アカモク  ・・ミネラルや食物繊維が豊富でポリフェノールも豊富に含まれている、話題のスーパーフード

 

「アカモク」がお試し価格500円で|デトックス効果と花粉症への効能とは

海藻類は、食物繊維も豊富なので、便秘解消になりデトックス効果バツグンなので

ぜひ毎日食べたい食品です。

 

2、早めのケアで若々しい肌をキープ

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

エイジングはイコール老化。

老化と言えば、シミやシワ、たるみなどが挙げられますね。

アナタが気になる部分はどこでしょうか?

 

日本在住 25歳~55歳の女性300名を対象にしたアンケートで

シワ     91%

シミ     89%

たるみ    85%

くすみ    61%

毛穴の黒ずみ 52%

肌の乾燥   50%

という結果になりました。

 

それと共に、肌の老化を感じた年齢は?のアンケートでは

20歳までは   0%

25歳~30歳  21%

30歳~34歳  29%

35歳~39歳  18%

40歳~44歳  17%

45歳~49歳  8%

 

やはり25歳がお肌の曲がり角って本当なんですね。

20代の後半から、肌の老化を感じるなんて・・・

 

でも、気がついた時からエイジングケアを行うと、老化を遅らせる事が可能なので

早めをケアが大事なんですよ。

 

エイジングケアに早いはありません。

若々しい肌でいられるためには、早め早めでケアを将来の自分に向けて磨きをかけましょう

 

「シズカニューヨーク」化粧品の口コミ| 本当に肌にハリは出るのか?

 
目元の最終手段!ヒアルロン酸を直接針で肌に届ける!

ヒアルロン酸を針で目元に直接届ける|目元の乾燥小じわ対策シート

肌の老化対策で気をつけたいこと

それは、間違ったケアをしないこと。

 

間違ったお手入れは肌トラブルのもとです。

とにかく保湿が重要!

 

肌の乾燥は、バリア機能の低下を引き起こします。

そうなると肌の水分は減り、小じわやたるんだ肌が縦長の毛穴を作ったり

シワやたるみまで目立つように・・・

 

乾燥を防ぐには、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合の美容液などで

肌の保水力を高めましょう。

 

つけても乾燥が治まらない時は、パックをしたりスキンケアを変えたりして

自分に合った化粧品探しが必要になってきます。

 

また、次に挙げた紫外線対策も重要になってきます。

紫外線は、肌の乾燥に繋がるので、日頃から日やけ対策を行いましょう。

 

スポンサーリンク

3、美肌効果バツグンのハーブティー

飲むだけでエイジングケアができるって嬉しいですね^^

今回は、美肌効果が高いハーブティーを紹介します。

・ローズヒップ

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

ローズヒップティーはビタミン類(C・B・D・E・K)を豊富に含み、

フルーティで爽やかな酸味があります。

 

美容に、健康に、妊産婦の方の栄養補給におすすめです。

ビタミンCはレモンの約10倍にもなります。

 

こんな人におススメです。

・体の内面・外側の健康と若々しさを維持したい方に

・エイジングケア、美容に

・紫外線対策に

・脂っこい食事が好きな方に

 

・ルイボスティー

「赤い藪の奇跡」「不老長寿のお茶」と呼ばれています。

最近では、エイジングケアや美容に良いと注目されるようになりました。

うっかり日焼け・夏バテ対策にも効果があります。

 

こんな方におススメです。

・エイジングケア、美容面のトラブルに

・ダイエットのサポートに

・お通じが気になる方に

・脂っこい食事、甘い物がお好きな方に

・体調管理、風引き対策に

・花粉の多い季節に

 

・ジャーマンカモミール

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

甘い香りがして飲みやすいハーブティーです。

炎症を抑える効果、肌の保湿に強い効果が期待できます。

飲み残しのカモミールティーで、保湿パックもできるほど。

 

 

また、リラックス効果が高く、体を温める働きもあるのでおやすみ前に飲むと寝つきも良くなります。

「ピーターラビットのおはなし」では、興奮して寝付けない子ウサギに母ウサギが

カモミールティーを飲ませて寝かしつけるという話が出てきます。

 

こんな方におススメです。

・ストレスや緊張をやわらげたいときに

・眠れない夜に

・体調がイマイチ優れないときに

・美容面のトラブル、女性特有のお悩みに

 

・ネトル

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

ビタミンや鉄分、カルシウム、マグネシウムなど体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

また抗炎症作用に優れており、血液の汚れをきれいにする働きがあります。

 

肌荒れにも効果的で、ネトルティーを化粧水として使う方もいます。

粘膜を強くする作用もあるので、花粉症対策としても有名なハーブです。

 

息子は、このネトルとローズヒップ・カモミールのブレンドティーで

花粉症がかなり和らぎました(#^.^#)

 

・ハトムギ

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

最近では、イボ取りのお茶や薬として有名ですね。

はと麦はタンパク質、ビタミンB1、カルシウム、鉄分などを豊富に含んでいます。

肌に良いとされるビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。

 

またデトックス作用もあり、むくみや水太りにも効果的。

ドラッグストアなどでも手軽に購入できるお茶です。

 

以上のハーブティーは、我が家で何年もブレンドして飲んでいるハーブティーです。

全部をボールに混ぜ、お茶パックに入れてお茶として毎日飲んでいます。

長く飲んでいると、効果を実感することができますよ^^

 

ハーブの力で冷え性改善|5つのハーブでデトックス&女子力UP

 

4、紫外線対策

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

紫外線の影響は、まさにお肌の大敵とされています。

紫外線からのダメージは、肌の老化をすすめてしまい、シミやシワ・たるみの原因にもなります。

日頃から、日焼け止めを塗ったり防止や日よけグッズを利用しましょう。

 

美肌には、嫌われ者の紫外線ですが、私たちの骨のためには必要とされてもいます。

紫外線に当たるとビタミンDが体内で作られ骨粗しょう症の予防となります。

 

女性ホルモンが減ってくると、気になるのが骨粗しょう症。

1日20分ほど紫外線に当たるだけで、ビタミンDが作られると聞き

旦那と週末にウォーキングにせっせと出かけています^^

 

今年、骨粗しょう症の検査を受けましたが年相応だったので一安心しました。

お肌のために紫外線に当たるのを避け続けていると、今度は骨がもろくなるのでご注意を。

 

5、冷えから体を守る

いつまでも素顔でいられるために|肌年齢が若返る食べ物と5つのコツ

アナタは、体で冷えを感じるところはありますか?

冷え性は、百害あって一利なし、です。

 

体に冷えが起こると

血液の循環がわるくなります ⇒ 細胞が十分な酸素や栄養を吸収する事ができなくなる

そうなると老廃物を出す働きが落ちていきます。

 

そのため、ターンオーバーの乱れがおきて、肌のハリや潤いが失われシワができる原因が起きます。

 

冷えの原因には、運動不足やストレスなど、さまざまな事が考えられますが

冷えから、体の免疫力が落ち病気にかかりやすくなったり、ダイエットしても

痩せにくい体質になってしまうので、冷え性の改善はしっかり行いましょう。

 

冷え性の原因と対策グッズ|7つの改善で冷えを克服

足が冷えて眠れない方に!冷え性改善「ふくらはぎ専用ウォーマー」

冷えの原因と改善法|ツボ押しや内側から温める5つの対策

 

まとめ

 

気になるお肌の老化。

年齢だからとほうっておくと大変なことに。

 

普段のお手入れをほんの少し丁寧に・・・

自分の肌に合った化粧品さがし。

 

また食生活の見直しでアナタの肌も若しいお肌に。

女性の寿命は、86,83歳になっています。

 

40代・50代はまだまだ。

もう40歳を過ぎてから・・・なんて諦めずに女に磨きをかけましょう♪

ぜひ楽しみながら若返りを楽しみましょう^^

 

コチラの記事も併せて読んで下さいね。

 

最大級の若返りをアナタに。

Wのエイジングケア「シズカニューヨーク」|肌にハリは出るのか?試してみました

グリコggモニター感想|使用感や敏感肌は大丈夫?

常識外れのエイジングケア!蜂の子配合美容液【ビュールハニードロップ】

 

スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

 


 - スキンケア , , , , ,