ピーリングで本当に美肌になれるの?|使う時に気をつけたい3つのポイント

      2016/11/03

ピーリング 敏感肌 効果


こんばんは。”みぃな”です^^

blog訪問ありがとうございます。

 

あなたは、今このような悩みを抱えていませんか?

 

・肌にハリを感じられない

・最近、肌がゴワゴワ

・たるみやシワが気になる

・エイジングケアの化粧品を買ったのに効果を感じられない

 

女性も40代を過ぎると、肌のトラブルや悩みは増えてきます。

それは、古い角質が剥がれおちてないのが原因かもしれません

 

そこでよくピーリングというアイテムが使われるのですが

実際のところ、効果はあるのでしょうか?

 

肌トラブルが多いのも事実です。

今回はピーリングの効果や注意点についてお話したいと思います。

 

ピーリングとは?

ピーリング 効果 美肌

ピーリングとは、古い角質を取るというイメージが思いつくと思いますが

ずばり、その通りですね。

 

角質は、普通のスキンケアをやっていれば自然に剥がれ落ちますが

年齢をつんだ肌やクレンジングがキチンと落とされていなかったりすると

古い角質が残ってしまいます。

 

 

そこで古くなった角質をピーリング剤で落とし、

肌のターンオーバーを正常にしてくれるのが角質ケアになります。

 

 

古い角質が剥がれ落ちることで、肌の新陳代謝がスムーズに行われます。

ピーリングは週に1度行うことで、あらゆる肌トラブルに効果を発揮できる美容法とされています。

 

でも、注意点もあるのも事実です。

今日は、自宅でできるピーリングについてお話していきますね^^

 

最近では、どのスーパーやドラッグに行っても、ピーリング剤の化粧品が並んでいますね。

どれを選ぼうか悩んでしまいます^^;

 

ピーリングは危険、肌が荒れるとよく言われますが、正しく使えば

市販のものでもトラブルを起こさずにすみます。

 

プロが使うものに比べ、市販のものは優しく作られているのが事実なんですよ。

そんなピーリングを使い得られる効果とは?

スポンサーリンク

 

ピーリングすると、どんな効果があるの?

 

ピーリングをすることで、

🌻シミやニキビ痕を改善できる

ピーリングすることで、古い角質と一緒にメラニンを取り除きシミやニキビ跡を薄くできる また、肌のくすみもとれ肌の色がワントーン明るくなる🌻肌表面の古い角質がとれるので、肌が柔らかくなり化粧品の浸透が良くなる

肌の保湿が充分だと、キレイな肌が再生され肌の若返りが期待できます。

 

🌻毛穴に詰まった汚れや角栓がとれる

🌻肌の新陳代謝を促す

それによって

 

・ファンデーションのノリが良くなる

・肌のキメが整う

・肌のくすみがとれ透明感が出てくる

・化粧水の浸透が良くなる

 

ピーリング 効果 美肌

 

週1回の角質ケアで、これほどの効果が得られるとは!(゚д゚)!

敬遠されるピーリングですが、このように美しい肌を保つのに効果的なスキンケアなんですね。

 

ピーリングの種類は?

 

ひとくちに言ってもピーリング剤には色々な種類があります。

🌻ジェルタイプ

🌻石けんタイプ

🌻ローションタイプ

🌻ゴマージュタイプ

このように大きく分けて4つあります。

石けんとして使ったり、コットンなどに浸しふき取るタイプなど使い方も違います。

 

他にも、使われている成分にも違いがあります。

🌻AHA(アルファヒドロキシ酸)・・

りんご酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸 などの天然由来の成分が配合

ピーリング石けん、ピーリングジェルなどがそうです。

比較的、刺激が低いと言われています。

🌻BHA(ベータヒドロキシ酸)

TCA(トリクロール酢酸)、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールなどが

配合されており、強力な化学物質を使われています。

 

市販のピーリング剤は、ほとんどがAHAですが、購入や使用の時には

注意書きを見るのも必要ですね。

 

ピーリングはどんな肌質でもいいの?敏感肌でも大丈夫?

 

ピーリング 効果 美肌

 

やはり肌が敏感な時は、ピーリングは避けて欲しいところです。

敏感になってるというのは、肌のバリア機能が弱くなってる状態です。

 

その状態で、ピーリングを行うと、さらにバリア機能が壊れ、ターンオーバーが早くなってしまい

肌が薄く刺激に弱い肌になってしまいます。

 

 

敏感肌になる原因のほとんどが、洗い過ぎなどの間違ったスキンケアがほとんどですね。

肌に刺激を与えない優しいスキンケアを心がけましょう。

 

乾燥肌の人も注意が必要ですが、洗い過ぎとかが原因でなく加齢からの乾燥ならば

ピーリングを行うことで、肌の代謝も良くなり、肌質が上がるかもしれませんね^^

 

 

じゃあ敏感肌だとピーリングはできないの?

そうでもないですよ。

注意点だけ気をつければ、敏感肌の人でもピーリングができます。

 

敏感肌さんのピーリングのやり方

ピーリング 効果 美肌

敏感肌の人がピーリングを行うには、刺激を少しで減らす工夫が大事です。

具体的に、どんな工夫をするのか、というと

 

・普通は乾いた肌にピーリング剤を塗るけど、塗る前に肌を濡らしておく

・ピーリング剤を水などで薄めてから使う

・塗ってからの時間を短くする

 

つまり肌とピーリング剤の間にお水をはさむことで刺激が弱くなります。

普通の肌の状態でも、ヒリヒリしますが、あまりに刺激を強く感じるときは

使用をやめましょうね。

スポンサーリンク

 

ピーリングで気をつけたいポイント

ピーリング 効果 美肌

ピーリングは、ニキビや肌のごわつき等のあらゆる肌悩みに効果的ですが、

副作用が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、ピーリングの特徴を知って正しくケアをすれば、副作用の心配はほとんどありません。

今回は、ピーリングをおこなう時の気をつけたいポイントをあげていきますね。

 

普通肌の人でも週1回を守る。敏感肌や極度の乾燥肌の人は特に要注意!

 

敏感肌とは、少しの刺激でも過敏に反応しやすい肌のことを一般的に言います。

肌が敏感肌になっていると、肌のバリア機能が落ちて外部からの刺激を受けやすくなります。

ピーリングは普通肌の人でもピリピリします。

 

敏感肌の人は特に注意が必要です。

普通肌の人でも、週1回ほどにしておきましょう。

 

間違った使い方

 

・週1回でおさまらず、もっと多い回数でやったり毎日使用する。

・肌に塗ってから洗い流すまでの時間を長くしている

・塗る時に力をいれてしまい、肌への摩擦が起こる(肌を守るための角質まではがしてしまう)

 

このような使い方をしていたら、肌が丈夫な人でも肌トラブルが起きてしまいます。

週1回、洗い流すまでの時間は正しく守り、優しく丁寧に使いましょう。

 

洗い流した後はしっかり保湿をする

 

ピーリングしたあとは、古い角質がとれているために、肌は敏感になっています。

この後は、マッサージなどはやめて、しっかり保湿をしましょう。

 

また使用後にお出かけの時は、日焼け止め対策はしっかり行いましょう。

ピーリングは正しく使えば、古い角質をはがし、肌のターンオーバーを促し

キレイなむきたて卵肌を実感できます。

 

ですが、使い方を間違えと大変な目にあってしまいます。

ピーリングの魅力は、

古い角質がとれ肌に透明感が出て、肌のトーンが上がるところでしょうか?

 

化粧水の浸透はもちろん、美容液の入りも良くなりスキンケアの効果を

実感できることでしょう。

 

ピーリングは石けんやジェル、ローション、ゴマージュとタイプも色々。

でも乾いた肌に塗り、数分おいて洗い流し・・・保湿。

どうせならスキンケアの1部として使いたいですね。

 

 

ピーリングの効果は、上でもあげたように

シミやくすみなどがとれ、肌質があがりメイクのノリも良くなると

嬉しい効果がいっぱい!

 

でも使い方を間違えてしまうと反対に肌のトラブルになってしまうので気をつけましょうね。

 

普段のスキンケアで、ピーリング効果が得られるという「セルファーマ」。

敏感肌スキンケアブランド「ノブ」と美容皮膚科学研究との研究の末に

誕生したピール成分配合のスキンケアが誕生しました。



 

ピーリングの美肌効果に目をつけた独自の発想で、

12種類の美容成分をバランスよく配合していて、敏感肌の人でも長く続けられるスキンケアです。

良かったら見て下さいね。

「Cellpharma」初回限定トライアルセット

私のレビューの記事はコチラです。

NOV「セルファーマ」の口コミ|本当に肌が柔らかくなるのか?

スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

 


 - スキンケア , ,