セルフケアで「やわらか愛され肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる

      2016/09/18

セルフケアで愛され「やわらか肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる


スポンサーリンク

 

こんばんは。”みぃな”です^^

blog訪問ありがとうございます。

 

アナタは毎日、どのような手順でスキンケアをしていますか?

ほとんどの方は、洗顔⇒化粧水⇒乳液またはクリームというstepが基本でしょうか?

それに加えて、肌の状態に合わせて、美容液やパックなどしてると思います。

 

年齢を重ねると、「いつまでもキレイでいたい」と願うのとは反対に、

シミやシワ、ほうれい線などが目立ちはじめます。

 

やがて加齢は敵となっていきます。

年齢を重ねると、キレイから遠ざかると決めつけていませんか?

 

アナタが、まだ40代でも50代でも、小さな積み重ねで見た目年齢は変わってきます。

今回紹介する美容法は、私が毎日やっている簡単な方法です。

 

特別に何も用意することなく、お金もとくにかけずにできるものばかりです。

どうぞ最後までお付き合いくださいね^^

 

去年のアナタよりも、若々しいアナタに

 

スポンサーリンク

柔らか肌になるためのスキンケアの手順

乳液⇒化粧水で愛されやわらか肌へ

スキンケアの基本と言えば 洗顔後に化粧水、そして乳液と進むのが一般的だと思います。

でも、私はスキンケアの初めに乳液を使い、その後に化粧水をつけています。

 

 

Aさん

えっ?

乳液を先につけたら化粧水は浸透しないんじゃない?

 

そう思う方は多いと思います。

でもメーカーによっては、乳液をブースターと勧めているところもあるんですよ。

 

私は、洗顔後に乳液 ⇒ 化粧水 ⇒ 乳液または保湿クリームの順番です。

なぜ乳液からなんでしょう?

その理由のついては、これからお話しますね。

 

やわらか肌と化粧水の関係性

 

まず試しに洗顔後の肌に、乳液を馴染ませてみてください。

化粧水をつけた時よりも、肌がとても柔らかくなってることに気づくと思います。

 

そう、乳液をつけると肌は、とても柔らかくなるんです。

肌が柔らかくなると、化粧水のグングン浸透していきます。

 

知ってのとおり、固い肌には水分は吸収しません。

洗顔後に化粧水をビチャビチャとつけても、しみ込むどころか「はじく」時ってありませんか?

 

化粧水を浸透させたかったら乳液を先に馴染ませ、肌を柔らかくしておきましょう♪

このひと手間で化粧水の入りがとても良くなります。

 

ここで気をつけるポイントが1つ。

ブースターとして付ける乳液の量は少なめです。

 

先にたくさんつけてしまうと、ベタベタになってしまうのでほどほどに・・^^;

私は、少なめの量で2回ほど重ね付けしています。

 

ぜひ肌がふわふわになる感触を味わってみてくださいね。

美白も保湿も同時に叶える乳液がコチラ

「シズカニューヨーク」化粧品の口コミ| 本当に肌にハリは出るのか?

 

次は、乳液を使ったおススメの美容法を紹介します。

「乳液パック」と「ミルフィーユ保湿」でやわらか肌を取り戻す!

 

ただ乳液をつけるだけじゃ、もったいない!

お手持ちの乳液を使った自分でできるセルフケア美容法を2つ紹介します。

肌のごわつきが気になる方におススメの「乳液パック」

セルフケアで愛され「やわらか肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる

乳液は、油分と水分がバランスよく配合されています。

そんな乳液で簡単乳液パックをしちゃいましょう。

 

バスタイムを使うと、洗い流しも楽だしスチーム効果も期待できます。

乳液の美容法はコチラでも紹介しています。

紫外線でダメージを受けた敏感肌に|乳液を使ったクレンジング洗顔

紫外線によるシミ・ダメージに効果的☆肌を柔らかくする乳液洗顔について

 

やり方は、とっても簡単♪

肌にたっぷりの乳液をつけて数分後に洗い流すだけ。

Aさん
たったのこれだけ?

 

この乳液パックは即効性もあり肌が柔らかくなり、次に使う化粧水もぐんぐん入っていきます。

オイルパックも良いけどふき取りやふき取ったタオルを洗わなければなりません。

その点に比べ乳液は、洗い流しもスルンと簡単に落ちうるおいは残してくれます。

 

肌の乾燥がひどい時にオススメな「ミルフィーユ保湿」

セルフケアで愛され「やわらか肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる

私は、特に乾燥してない時でも夜は、このミルフィーユ保湿をしています。

やり方として、

乳液 ⇒ 化粧水 ⇒ 乳液 ⇒ 化粧水

乾燥のヒドイ時は、これを繰り返します。

 

ほんとモチモチ肌になってくれます^^

その後に保湿クリームで蓋をして終了です。

 

このミルフィーユ保湿をすると、化粧水をバシャバシャ使わなくても、肌はしっとりと落ち着きます。

 

40代からの化粧水の選び方|効果的な使い方で浸透力UP

 

このひと手間で、肌のしっとり感が驚くほどUPしますよ^^

乳液パックは、洗い流すので安いモノでも充分かと思います。

ぜひ試してみてください。

 

やわらか肌の天敵!肌のたるみを遠ざける「無料体操」

セルフケアで愛され「やわらか肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる

若い頃は、何も気にしなくてある程度が楽しく過ごせた日々。

ところが40歳を過ぎると、肌や健康面でも衰えを感じたり不調を感じます。

 

肌の衰えや健康面は、今までの食生活の結果でもあるんです。

コチラもどうぞ>>> 10歳も若く見られる?「7つの顔のたるみ解消法」

 

肌の衰えで気になるのが、「顔のたるみ」。

自分では、なかなか気づかなかったりするけど、じつは「たるみ」って20代から少しづつ始まってるんですよ。

 

朝、鏡に映った自分の顔を見て”がっかり”する時ってないですか?

まわりの同僚や若い子たちと写メで映ってる自分を見て「老けてる~><」

 

1度鏡に映った顔をよ~く見てください。

・目の下がたるんできた

・フェイスラインがぼやけてきた

・毛穴が縦長になっている

・2重アゴ

これらは顔の筋力が落ちてる証拠です。

 

2重アゴやシミやシワの予防、さらには胃腸まで丈夫になると言う「舌回し体操」を始めてみましょう。

この「舌回し体操」は、タダでできます(笑)

 

0円で1分たらずで、しかもどこでもできます(トイレでも・・^^;)

さらには、若返りホルモンが増えエイジング効果も期待できるという、魔法のような体操なんですよ。

 

【寿命が伸びる!?若返る!?名医の最強健康法★週末田舎暮らし】

というタイトルで「サンデープラス」でも放送されていました。

 

詳しいやり方はコチラを>>>たった30秒で小顔になる方法とは|舌回しするだけで若返り効果

 

登山家の三浦雄一郎さんも実践しているとかで、毎日続けていたところ、

なんと1年後には、シミやシワがほとんど無くなったそうです。

 

1回に行う回数も150回~200回は続けたそうですが・・・

回数が多ければ多いほど良いということでしょう?

 

口の中で舌を回すだけなら車の運転中やテレビを見ながら・・・バスタイムも利用できます。

スキマ時間を使い、たるみ解消にはげみましょう~^^

 

シミ・シワ・たるみは「うるおい」でカバーできる

セルフケアで愛され「やわらか肌」になれる|美人は乳液1つでつくられる

 

肌にうるおいがあると、どんな良いことがあるんでしょう?

肌がうるおっているとシミやシワが目立たなくなります。

それだけでなく、肌にツヤがでて透明感にあふれ若々しく見えます。

 

反対に、肌が乾燥しているとどうでしょう?

肌が乾燥すると皮膚は水分量がないため固くなります。

 

皮膚が固くなるとシワやたるみの原因にもなります。

もちろん乾燥した肌には、ツヤも透明感もありませんね。

ほうれい線や目尻のシワも目立つようになってきます。

 

お肌はうるおって柔らかいのが大事です。

ここでのタイトルのように、肌はつねに柔らかい状態に保つようにしましょう。

 

Aさん
じゃあ、うるおいのある肌にするには、どうしたらいいの?

それには毎日の積み重ねが大事になってきます。

だからと言って特別にお金をかける必要はないですよ。

 

・紫外線対策をする

・肌への摩擦をへらす(優しくソフトに)

・過剰な洗顔

・スキンケアで保湿・柔軟に気をつける

 

たったこれだけで肌は変わっていきます。

コチラもついでに>>>身近な食べ物で小顔になれる|若返りの食べ物と効果的な食べ方とは

 

年齢を重ねても、若々しい肌でいたいものですね。

肌はすぐには変わりませんが、お手入れしだいで年齢に関係なく魅力的になって行くと思います。

諦めずに自分の肌に愛着をもちお手入れしてあげましょう。

 

柔らか肌はセルフケアが基本

 

キレイな肌になりたい、そう願いエステに通う方も多いです。

実際に私も、ごくたま~に行きます。

確かに良いです笑

 

リラックス出来るし、肌のプルプルになりメイクのノリも凄くいいです。

でもやはり気になるのが料金です。

いくら働いていても、普通の勤め人や主婦でも、しょっちゅう通えませんね。

 

では、自分をケアしてみませんか?

セルフケア美容法です。

 

自分の肌の悩み、どうなりたいか、今の肌の状態は?

それは自分が1番知っています。

 

自分の肌を毎日やさしく触れることで、肌の状態が分かるようになってきます。

今日は肌が乾燥している、敏感になっている、小じわが増えてきた、などなど。

 

自分でスペシャルケアをやってみませんか?

たとえば

・毛穴が気になるなら

気になる鼻の毛穴や角栓|ゼラチンを使った肌に優しい角栓の取り方

炭酸水パックで効果的に毛穴を引き締める方法

 

・肌を柔らかくする乳液パックやミルフィーユ保湿

肌の透明感をダメージリセット法|40代女性におすすめ!

 

日々のお手入れで、肌は作られ変わります。

今のアナタの肌は、半年前のお手入れの結果です。

 

半年後にしっとり肌にいられるために、今からセルフケアを始めてみませんか?

そしてセルフケアを楽しみながら、愛され「柔らか肌」を目指しましょう☆

 

究極のエイジングケアはコチラ

「シズカニューヨーク」化粧品の口コミ| 本当に肌にハリは出るのか?

 

グリコから初のエイジングケアがでました。モニター募集中です

グリコggモニター感想|使用感や敏感肌は大丈夫?

 

スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

 


 - スキンケア , , ,