冬に気をつける乳児湿疹|ママ必見!湿疹の原因と症状の対処法まとめ記事

      2017/01/20

乳児湿疹 原因 症状 対処法


スポンサーリンク

こんばんは。”みぃな”です^^

blog訪問ありがとうございます。

 

赤ちゃんの肌にブツブツができた!

顔に白いプツプツができたけど何?

育児に追われるママの手までガサガサ!

いったいどうしたらいいの?

 

生後数週間の赤ちゃんに湿疹ができると心配です。

湿疹にも原因があります。

 

湿疹の種類やできる原因、対処法が分かれば治りも早く安心できますね。

湿疹は、月数が進めば治るものがほとんどです。

 

このブツブツは何なの?

どうしたらいいの?

いつまで続くの?

 

今回は、このような乳児に多い湿疹の種類と対処法を紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

生後2週間なのに湿疹?コレは一体なに?

乳児湿疹 原因 対処法

赤ちゃんの皮膚は、大人の10分の1の薄さと言われています。

さらにまだバリア機能も未熟なために、少しの刺激でも肌のトラブルが起こってしまいます。

 

乳児湿疹にも種類があり

・乳児脂漏性湿疹

・乳児性アトピー

・食物アレルギー

・オムツかぶれ

・乾燥性皮膚炎

・あせも

などさまざまあります。

 

かゆがる湿疹からかゆみのない湿疹。

ジュクジュクしてたり乾燥してかさぶたになってる。

湿疹の症状をキチンと見分け、正しいケアをしてあげましょう。

生まれて初めての発熱!しかも発疹。この発疹て何?

全身に現れる乳児発疹(突発性発疹)|不機嫌病とも呼ばれる湿疹の対処法

 

痒みが出る湿疹には、ステロイドが処方される場合があります。

赤ちゃんにステロイド使うって大丈夫なの?

 

心配されるお母さんに・・・

乳児湿疹にステロイドは必要?|ステロイドの副作用と正しい使い方と対処法

 
 

赤ちゃんに多い3つの乳児湿疹とは

乳児湿疹 原因 対処法

乳児湿疹は、生まれたての赤ちゃん~生後数か月の赤ちゃんにできる湿疹をいいます。

体の小さな赤ちゃんの体に湿疹ができると、ママは心配してしまいますが

1~2歳頃には治まるのがほとんどです。

 

今回は、これからの季節に起きやすい乳児湿疹から紹介していきますね。

 

脂漏性湿疹

 

この湿疹は、私の息子もおでこを中心にできました。

生後間もない赤ちゃんは、お母さんのホルモンの影響を受けていて

体は小さいのに皮脂量は多いんです。

 

毛穴もまだ未熟で対応できずに脂がつまり湿疹ができてしまいます。

詳しくは

冬に多い赤ちゃんの湿疹とは|3つの乳児湿疹の原因・症状とケア方法

乳児湿疹のかさぶた対処法|乳児に多い子育ての悩み解消法

 

乾燥性湿疹

 

気温が低く空気が乾燥する、これからの季節に特に気をつけたい湿疹です。

赤ちゃんの皮膚は、外気にもかなりの影響を受けます。

 

空気が乾燥すると、肌からどんどん水分が奪われ乾燥してひび割れたりザラザラした肌になります。

この湿疹は、顔だけでなくお腹や背中などの広い部分や手足にも出ます。

 

原因や対処法はこちらをどうぞ^^

冬に多い赤ちゃんの湿疹とは|3つの乳児湿疹の原因・症状とケア方法

 

乳児性アトピー

 

上の湿疹は、2か月以上、または6か月以上で自然で治る事が多いですが

それ以上たっても改善しない時に、アトピー診断と診断されるようです。

 

上の乳児湿疹と違うのは、良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

遺伝とも言われますが、ハッキリとした原因はまだわかっていません。

 

アトピーと聞くと心配ですが、乳児のアトピーは1~2歳頃には改善することがほとんどです。

 

乳児性アトピーについてはコチラを参考にどうぞ。

冬に多い赤ちゃんの湿疹とは|3つの乳児湿疹の原因・症状とケア方法

 

上の湿疹以外で、赤い湿疹が見られたら「多形滲出性紅斑」かも?

手足に赤いブツブツは乳児湿疹?|多形滲出性紅斑の原因と症状・ケア方法

オムツかぶれも乳児湿疹?

乳児湿疹 原因 対処法

普段私たちは、オムツかぶれと呼んでいますが、正式名は「オムツ皮膚炎」と言います。

これも皮膚炎の1つです。

 

オムツかぶれと聞くと、ほとんどが夏をイメージするのでは?

1年中オムツをしてる赤ちゃんのお尻は湿気でムンムンです。

 

赤ちゃんは発汗が多く体温も高いために、オシッコなどでオムツが濡れてる時間が長いとかぶれてしまいます。

またウンチには、色々な雑菌が混ざっているため肌の弱い赤ちゃんの肌に刺激となります。

 

また冬になると抵抗力の低い赤ちゃんは、胃腸風邪を引いたりと下痢も多くなります。

普通便に比べると下痢便は回数も増え、肌の刺激も強くなります。

 

オムツかぶれについての対処法はコチラをどうぞ。

乳児湿疹(オムツかぶれ)は冬でも起こる|原因と対策について

 

母乳が原因?と言われる乳児湿疹(新生児ニキビ)だけどホントは?

乳児湿疹 原因 対処法

ニキビと言うと思春期を連想しますが、新生児の赤ちゃんにもニキビができます。

本当のニキビと同じように、白いブツブツができたり炎症を起こすとブツブツの中に膿が溜まり赤くなります。

ニキビが毛穴に皮脂が溜まってつまることから起こります。

 

では原因は?

お母さんの食べたものが原因ではと言われていますが、それで湿疹ができるわけではないんです。

母乳で育ててるお母さんは「自分のせい?」なんて心配しすぎないでくださいね。

 

新生児ニキビについての記事はこちらをどうぞ。

乳児湿疹(新生児ニキビ)は母乳が原因?|ニキビの特徴と5つの対処法

 

このニキビも、ほとんどが1~2歳頃に自然と治っていきます^^

 

受診するなら小児科?皮膚科?

乳児湿疹 原因 対処法

 

自宅ケアで自然に治る湿疹がほとんどですが、症状が変わらない、悪化してきたときに

受診するなら、小児科なのか皮膚科に行こうか迷いますね。

結論で言えば「小児科」をオススメします。

 

小児科の先生は、やはり生まれたての赤ちゃんがかかる病気全般についての専門知識があります。

生まれてから1度も湿疹ができない赤ちゃんは、むしろ少ないのでは?

そのような赤ちゃんを小児科の先生は1年中診ています。

 

湿疹についての知識も豊富で色々なケースも経験として持っています。

生まれてから熱がでたり湿疹がでたりと、病院に行く機会も増えますね。

そんな時に、信頼のおける先生が見つかると、より安心ですね。

 

乳児湿疹が男の子に多いのはホント?

 

私の長男も3か月頃に湿疹がでたんですが、友人の話を聞いても男の子に多かったように思います。

これはお腹の中にいた頃に受け継いだ男性ホルモンが影響してると言われています。

 

大人でも女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いですね。

皮脂量が多いとどうしても詰まりやすくニキビが出来やすくなります。

 

男の子は女の子の5倍も新生児ニキビになりやすいという報告があります。

ですが生後3か月頃には、ホルモンの分泌も治まりニキビも自然と治ることがほとんどです。

ケアには、清潔と保湿を心がけ神経質にならず見守ってあげてくださいね。

 

子育て中のママにも多い主婦湿疹や手荒れ、ケアはどうしたらいい?

手荒れ、主婦湿疹、改善、お手入れ

 

子育てをしてるお母さんは、水を使う機会がとても多いです。

オムツ替えのたびに消毒をしたり、赤ちゃんの着替えが多いと洗濯も大変です。

 

気がつけばキレイな手だったのに、いつの間にかガサガサに・・・・

水がしみる!気づけばひび割れて血がにじんでる!

でも水仕事をしないわけにはいかない><

 

実は女性の手って、意外と他人から意識して見られています。

レジでも会計の時など、手が荒れてガサガサで恥ずかしかった経験ありませんか?

 

ガサガサの手だと、赤ちゃんのほほを傷つけてしまいそう、なんて思ったことないですか?

赤ちゃんのお肌を労わりつつ、お母さんの手も一緒にケアしていきましょう^^

 

手荒れが起こる原因もさまざまです。

1つ1つの原因を取り除き、美しい手を取り戻しましょう。

 

詳しくは

手荒れの原因と対策|美しい手になるための8つのスペシャルケアとは

 

突然おこる化粧かぶれ、自分でケアできる?

化粧かぶれ、アレルギー、アトピー、改善

 

ちょうど1年前に、ある日突然口紅をつけたとたんに痛みを感じたことがありました。

口紅を変えたわけでもなく、スキンケアも変えてもないです。

 

唇がヒリヒリしだし、みるみる腫れてきました。

どうしてなのか理解できないまま、すぐに口紅を落としたんだけどヒリヒリが治まらず。

 

不安に思いながらも次の日の朝、恐る恐る口紅をつけると、やはり強いヒリヒリが起こりました。

何日もヒリヒリが治らず、皮膚科に行き薬を処方され数日塗っていたけど

全然治る気配すらありません。

 

そんな私の唇を救ったのは、自宅ケアです。

そう、皮膚科の薬でなく自分ケアでした。

 

そのケアとは?こちらの記事をどうぞ^^

化粧かぶれの薬選びより簡単!自宅ケア実践記

 

まとめ

 

子育て中のお母さんは、毎日が忙しく息抜きもなかなかできません。

赤ちゃんに湿疹ができ、痒さから赤ちゃんがぐずったりしたらますます心配が増えてしまいます。

 

乳児湿疹は、けっして珍しいことではなく自然に治ることがほとんどです。

ですが、自然に治るからとケアをせずにいたら症状が重くなることもあります。

 

お母さんのケアしだいで、治りもグンと変わります。

湿疹は、清潔を保つことと保湿が、とても重要です。

 

綾子でアトピー・乾燥・湿疹対策に

アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』


早めのケアで赤ちゃんもお母さんも、健やかな肌で毎日を凄したいものですね。

今話題のライスパワーNO,11エキスを使った保湿クリームです。

 

ライスパワーNo.11は、厚生労働省より全く新しい効能を持った医薬部外品の

新規有効成分としての認可を受けました。

ライスパワー【アトピスマイル クリーム】皮膚トラブルを改善できる薬用化粧品

 

スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

 


 - 肌トラブル , , , ,