冬に多い赤ちゃんの湿疹とは|3つの乳児湿疹の原因・症状とケア方法

      2017/01/20

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹


スポンサーリンク

こんばんは。”みぃな”です^^

blog訪問ありがとうございます。

 

赤ちゃんの肌ってプルンプルンのイメージがあります。

むきたての卵のような肌でも、湿疹ができる時もあります。

 

私ごとですが、長男も乳児の頃におでこから頭にかけて湿疹ができ心配で病院に行った覚えがあります。

 

赤ちゃんの肌は、薄くとてもデリケートなために肌トラブルも起きやすいです。

今回は、赤ちゃんの湿疹で悩むママさんに湿疹の種類やケア方法を紹介したいと思います。

どうぞ最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク

乳児湿疹とは

 

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹

 

乳児湿疹とは、新生児期〜乳児期にかけて現れる湿疹のことを言います。

赤ちゃんの肌は、バリア機能も発汗機能もまだまだ発達してないので、すぐに肌トラブルが出来てしまいます。

 

生後6ヶ月頃までの湿疹は、何が原因なのかは決めつけられにくいので、

肌トラブルをすべてまとめて「乳児湿疹」と呼んでいます。

 

乳児湿疹は、2週間頃から現れやすくなりますが、悪化するのは少なく

1歳から2歳くらいまでには自然と治ることが多いです。

 

長男も場合も、冬から春にかけて、湿疹がありましたが、それ以降は自然と治っていきました。

湿疹ができるなど、肌にトラブルが起きたら早めの対処をすることで

将来、アレルギーなどの予防することもできると言われています。

 

症状にも、

・カサカサしている

・ジュクジュクしている

・ベタベタしている

 

など種類もいくつかあり、顔や体、手足などさまざまな場所にできます。

様子を見ても治らない、ひどくなるようならお医者さんに診てもらうことをオススメします。

 

 

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹

関連記事>>>乾燥肌の原因と対策☆乾燥肌で悩まない保湿ケア

乳児湿疹の種類・症状とケア方法

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹

 

乳児湿疹には

・脂漏性湿疹

・乾燥性皮膚炎

・乳児性アトピー

 

他にもオムツかぶれやあせも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどがあります。

今回は、代表的な3つの症状とケア方法を紹介していきますね。

 

脂漏性湿疹の原因と症状とケア方法

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹

脂漏性湿疹とは

 

脂漏性皮膚炎とも呼ばれています。

おでこなどに、ブツブツと脂のようなものができます。

皮脂が大量にでるために起きます。

 

ウチの長男がコレでした。

4か月の赤ちゃんにはとても多いようです。

 

湿疹が出る場所は

 

皮脂腺が多い頭皮や顔(鼻の周りなど)、耳の後ろなどに出やすいです。

ほとんどが首よりも上に出来るのが一般的です。

首よりも下に出た場合は、他の湿疹が考えられます。

 

原因として

 

赤ちゃんはとても代謝がよく皮脂量も多くなっています。

実は、3か月までの赤ちゃんって、お腹の中にいた頃の女性ホルモンの影響がまだ残っているんです。

なので体にたいして皮脂量がとても多いんですね。

 

大量の皮脂や脂が毛穴につまり湿疹ができてしまいます。

他にも、外部からの刺激や汚れなどで起こる場合もあります。

 

症状は

 

・おでこなどに、初めはポツポツと湿疹ができはじめ、やがて黄色っぽい油のようなかたまりに変わります。

それが乾燥すると、カサカサして剥がれて落ちていきます。

 

・おでこや頬・首などにに、赤いプツプツができたりします。

炎症を起こすと、ジュクジュクとしたりする場合もあります。

 

ケア方法

 

肌を清潔の保つのが1番です。

シャンプーやボディソープは、ベビー用や刺激の少ないものを選ぶといいですね。

 

多くの皮脂が出ているのでお湯だけではしっかり落ちずに湿疹が悪化する時があるので

洗う時は、石けんなどをしっかり泡立てやさしく洗ってあげましょう。

 

すすぎの際には、ガーゼにお湯を湿らせ優しくすすいであげるといいですよ^^

かさぶたになってる時は、お風呂前にベビーオイルなどを薄く塗っておくと取りやすくなります。

 

かさぶたを取ったりひっかかないように、赤ちゃんの爪は短く切ったりミトンなどをし

傷つけないようにしてくださいね。

脂漏性湿疹のかさぶたについての対処法はコチラの記事をどうぞ。

乳児湿疹のかさぶた対処法|乳児に多い子育ての悩み解消法

 

乾燥性湿疹の原因と症状とケア方法

 

乾燥性湿疹とは

乾燥性湿疹は乾燥した外気に触れると起こりやすくなります。

皮膚の水分がどんどん蒸発し乾燥が進み、皮膚がめくれたりカサカサした状態を「乾燥性湿疹」と言います。

 

肌が乾燥すると、肌の表面が剥がれたりひび割れたり、ブツブツやザラザラした肌になります。

乾燥が進むとバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌トラブルがおこるようになります。

 

湿疹が出る場所・症状は

 

お腹や背中など広い部分にブツブツや湿疹ができます。

他にも頬や手首や足首など、肌が出ている部分に出ます。

また顔もカサカサすることもあります。

 

原因として

 

生まれるまではママのお腹の中で羊水に囲まれていた赤ちゃんですが、

生まれたと同時に空気の中で呼吸をし生きていきます。

 

生後3か月までの赤ちゃんは、大量の皮脂が大量に分泌されていますが

それ以降になると皮脂の分泌は落ち着いてくるので、肌が乾燥する場合があります。

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、すぐに乾燥を起こしてしまうんです。

 

他の原因として、

 

・お風呂で体を洗う時にゴシゴシ洗ってしまう

・お風呂での長湯

 

ケア方法

 

乾燥性湿疹の原因は乾燥なので、とにかく保湿が1番です。

自宅で出来るケアは乾燥させない イコール 保湿になります。

 

・赤ちゃんの体は、低刺激のシャンプーやボディソープなどで優しく洗う

・熱めのお湯は肌への刺激になるので、38度前後のぬるめのオススメ

 

・お風呂上りは、保湿クリームや乳液などの保湿剤を塗る

・着替えのときなども1日2回ほど保湿剤を塗る

 

・口の周りなども汚れたり拭く回数も多いので、荒れたりしたらこまめに保湿してあげてください

・肌への刺激を与えないためにも綿100%の衣類を着せてあげましよう

 

・暖房をつける際には、部屋の乾燥に気をつける

 

肌が乾燥しているとバリア機能が低下して肌のトラブルが起きやすくなります。

バリア機能が低下すると、アレルギーの原因となるアレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。

 

やがてアトピー性皮膚炎を引き起こすことにもなりかねません。

予防のためにも赤ちゃんのうちから、しっかり保湿をしてあげましょう^^

 

乳児性アトピーの原因と症状とケア方法

乳児湿疹 アトピー 脂漏性湿疹 乾燥性湿疹

乳児性アトピーとは

 

赤ちゃんに湿疹ができると、乳児湿疹と診断されることがだいたいです。

でもケアしても良くならない、悪化している・・・と場合には乳児性アトピーの可能性があります。

乳児期では2か月以上、他では6か月以上改善しない場合に、アトピー性湿疹と診断されるようです。

 

特徴として

 

顔や頭、他にも耳たぶなどに赤い湿疹ができます。

強いかゆみもともないます。

 

乳児性湿疹と違うのは、良くなったり悪化したりを繰り返します。

原因と考えられるのは

 

アトピー因子と呼ばれる遺伝子的にかゆみを起こしやすい体質に加え、

アレルゲンに触れることで引き起こされる皮膚炎と考えられますが、

原因・メカニズムは十分には解明されていません。

アレルゲンとしては、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、ストレス、食物アレルギーなど人によってさまざまです。

 

症状は

 

特徴として1~3か月ごろから頭や顔に湿疹が始まります。

月数が進むと体や手足にも広がっていきます。

 

乳児のアトピーの原因は、まだはっきりとは分かっていませんが、全身が乾燥したり皮膚がガサガサしたりします。

他にも耳たぶの付け根の周りがきれるような症状もあります。

 

赤ちゃんの肌はバリア機能も低く皮膚も薄いので乾燥しやすく、免疫力も低いために

原因が特定しにくいと言われています。

 

遺伝的なものであったり植物アレルギーなども考えられています。

ですが、乳児期のアトピーは、1~2歳頃には症状が軽減または治る場合がほとんどです。

 

ケア方法

 

アトピー性皮膚炎は、冬の方が悪化しやすいです。

冬は空気も乾燥し気温も低いために、乾燥が進むとかゆみを強く感じるようななり

皮膚を掻いてしまったりします。

 

皮膚の乾燥で痒みも起こるので、保湿がとっても重要になります。

お風呂上りに、しっかりと保湿剤を塗ることをオススメします。

 

肌がカサカサしてる場合は、1日に数回、口周りは特に汚れるので、特に清潔にし保湿を心がけましょう。

熱いお風呂は、かゆみを伴ってしまうので、長湯はさけてぬるめのお湯で入れてあげてくださいね。

 

また赤ちゃんの肌に直接触れるものは、綿100%などの素材が刺激を与えず肌に優しいです。

赤ちゃんの湿疹は多く3割ほどの子がアトピー体質と言われていますが、適切なケアと対処で9割近くの子が

小学生のうちに症状が治まると言われています。

 

湿疹が出たら早めの保湿でケアしてあげてくださいね。

 

乳児湿疹になりやすい時期・季節は?

 

乳児湿疹になりやすい時期は、

生後3か月くらいまでは、皮脂の分泌が大量であるために、脂漏性湿疹になる赤ちゃんが多いですが

それを過ぎても続く場合はアレルギーの可能性が高くなります。

 

アレルギーとアトピーの違いは分かりにくく、しばらく経過を見ることが必要になります。

 

季節に関係なく湿疹はできますが、生後3か月を過ぎるころの赤ちゃんは乾燥するようになるので

夏頃までは、肌が乾燥しやすい季節と言えます。

大量の皮脂が治まる3か月以降の季節が夏以外は、乾燥する季節と重なるのでこまめな保湿は重要になります。

 

乳児湿疹はいつまで続く?

 

日本アレルギー学会が乳児1700人余りを対象に行った調査では

 

生後4か月   22、0%

生後10か月  21,2%

 

生後4か月で22%、生後10か月でも約2割の赤ちゃんに乳児湿疹があったようです。

 

乳児湿疹は、治るまでの期間はかなりの個人差があります。

患部を清潔にしたり、正しい治療やケアをすることが、完治を早くするポイントとなります。

 

湿疹ができてしまっても、早めの正しいケアで数週間で完治する場合があるようです。

個人差があっても、長くても1歳過ぎくらいで落ち着く場合がほとんどです。

治りが悪い、酷くなってきた・・・など症状が改善しない場合は、病院で診てもらうと良いですね。

 

赤ちゃんにも安全な保湿剤

 

湿疹も症状に応じてステロイド外用薬や非ッステロイド外用薬、保湿剤、などが処方されます。

赤ちゃんの皮膚はまだ未熟で薄いために、ステロイド外用薬の吸収力が高くなります。

効果は発揮しますが、その反面、副作用も心配ですね。

 

病院で処方されるステロイドは年齢や症状に合わせて処方されるので、その点は安心できます。

病院で処方されたけど、それ以外にも家でも安全な保湿ケアをしたい。

ということで、今回は、自宅ケアとして自分で購入できる保湿ケアを紹介します。

 

ワセリン

ドラックストアでお手軽の買うことができます。

ベビーワセリンがあるのも嬉しいですね。

 

ベビーワセリンは無添加・低刺激で、赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使えます。

容器もチューブ式なので使い勝手が良く便利です。

 

私も乾燥がひどい冬場は、お休み前に、唇や目の周りに薄く塗ります。

ベタつきはあるけど、皮膚の保護には抜群です^^

 

ベビーローション

敏感肌にも赤ちゃんにもやさしいベビーローションです。

ベビーローション部門で第1位を獲得!

 

99%天然由来、しかもオーガニックで高保湿で赤ちゃんの肌を乾燥から守ります。

ほのかなアロマの香りで、ママも赤ちゃんもリラックスできます。

 

ベタつくことなく全身に使えて、肌への馴染みも良く長時間しっとりします。

 

アトピスマイルクリーム

 

今、話題のライスパワーNO,11エキスを使った保湿クリームです。

名の通りお米から作られています。

 

ライスパワーNo.11は、厚生労働省より全く新しい効能を持った医薬部外品の

新規有効成分としての認可を受けました。

 

肌そのものが水分を取りこむ機能を改善し、バリア機能を高めます。

肌自体を強くし、敏感肌やトラブル肌を健康な肌に導きます。

 

ベタつくことなく肌によく馴染みしっとりした感触です。

 

アトピスマイルクリームの記事はコチラです↓

ライスパワー【アトピスマイル クリーム】皮膚トラブルを改善できる薬用化粧品

 

まとめ

 

まっさらな赤ちゃんの肌に湿疹ができるのは辛いものです。

さらに痒みが出て痒がると機嫌も悪くなり、ママも心配になってしまいます。

 

乳児湿疹は、赤ちゃんにはよくある湿疹です。

ですが、ケアを怠ったり放置しておくと、将来的にアトピーになったり

アレルギー体質になる引き金になることも。

 

湿疹には、保湿がとても重要になります。

早めのお手当てで、赤ちゃんが1日も早くキレイな肌に戻れると良いですね^^

 

湿疹についてのまとめ記事はコチラをどうぞ。

冬に気をつける乳児湿疹|ママ必見!湿疹の原因と症状の対処法まとめ

 

次の記事は

乳児湿疹(オムツかぶれ)は冬でも起こる|原因と対策について

 

スポンサーリンク

みぃな
ランキングに参加してます。
ポチっと1回、あなたのclickが私の励みになります。

Facebook・Twitterでつぶやいてます。
「いいね!」「シェア」して頂けると嬉しいです♫

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

 


 - 肌トラブル , , , , ,